KLガジェット2 - MacBook Air(後編)
拠点都市での生活 - クアラルンプール

 MacがメインPCってどうなの?という問題ですが、Macを使う利点がまずなければお話になりません。

 もちろんWindowsに比べてマルウェアなどの対策がほとんど必要なく、ゆえに

「ほらほらサポートが切れるぞ。はやく新OS機に買い替えろ!オリャ!」

という脅かし商法に合わずに済むということ。
 しかもその新OSとやらがパソコンOSなのかタブレットOSなのかわけわかんないシロモノで、それが売れていないことを誤摩化すために、まともな前のOSを個人客に買わせないように画策したりという、いや、なんでもないです。

MacBook Air ACアダプタもすっきり
MacBook Air ACアダプタもすっきり

 それはともかく、私が思うMacの最大の長所はマウス不要ということです。
 トラックパッドの操作性は素晴らしく、マウスがあるのに使う気が全く起きないという感覚は、Windows機では想像も付かないものです。
 現在KLでももちろんマウスなど使っていませんし、今回これをランカウイに持って行くにあたって「マウスはどうしよう?」と全く考える必要がないというのは、実に精神的にも楽です。

 あと、メイン機としての利点とは違いますが、当たり前すぎて見落としがちな長所として、Apple製アプリとの相性の良さがあります。
 iPhone,iPad,iPodなどを全く持っていない使う気もない人なら良いのですが、そうでなければ、パソコンにiTunesなどが入っていることでしょう。
 このiTunesなどのApple製アプリが、いかにWindows機と相性が悪いか、それがWindows機に入っているということが、いかにウットウしい状態であるかは、Macを使いだすと痛感するものです。

 では、逆にMacの欠点は何でしょう?
 もちろん「あれができない、これができない」と細かいことはいろいろあるわけですが…。

 私にとってのMacの最大の欠点、それは意外や意外、Macは画像加工が弱いのです。

 ここでいう画像加工とは、決して高度な話ではありません。単なる画像の結合です。
 つまり何枚かの画像を縦に並べたり横に並べたりして、くっつけて一枚の画像にするという話です。私にとってはけっこう頻繁にやる必要がある作業なのですが、それが、Macではできない。

 もちろん、使い方を覚えるのが大変な専門的な画像加工ソフトを使えば、できないハズはないのですが、Windowsのように簡単にはできないという意味です。
 台北でMacを使っていて、一番困ったことがそれです。

 ネットで調べると、同じことで困っている人は多いらしく、質問サイトとかにもよくこの質問があるのですが、それに対する回答が、

「2枚の画像がくっついて表示されるようにHTMLを書いて、ブラウザで表示し、それをキャプチャしろ」

と書かれていて、倒れそうになりました。
 しかもこれは、Macな人たちには昔から常識的な方法であるらしいのです。

 それは確かにそうすればできるでしょうけど、Windowsならペイントで簡単に出来てしまう作業を、そこまでやらなければならないのかと。
 で、台北で画像結合をやることは結局あきらめて、バンコクに帰ってからWindowsでやるようにしていました。

 月日は流れ、このMacBook Airを今年からKLで使おうかと考えるにあたって、一番気になるその問題は「今はどうなっているのか?」と調べたところ、この

Macでも簡単に画像結合 PhotoScape X
Macでも簡単に画像結合 PhotoScape X

という超優れもののフリーソフトが出ているではありませんか!

 まさにそのものずばりの「Combine」というメニューがあり、しかもこのソフトはWindows版もMac版も両方あるのです。
 操作も簡単でわかりやすく、ThinkPad X1でも今はこれを使っています。
 Windows版は簡単に日本語化されるのに、Mac版は英語のままなのが、「ああ、やっぱりな」という点ではありますが…。

 かくして、私にとってのMacの最大の問題点が解決し、そうなるとランカウイにマウスを持って行く必要が無いという利点の大きさから、このMacBook Airを今年からKLメイン機&ランカウイ旅行用PCとすることに決定したのです。

 余談になりますが、このPhotoScape Xでつい先ほど結合させた画像を御覧下さい。

MacのACプラグ
MacのACプラグ

・結合画像の上…MacのACアダプタのプラグは、マレーシアのコンセントに差し込めません。

・結合画像の中…もちろん、一般的なプラグアダプタで差し込めるわけですが、今後マレーシアだけでこのMacBook Airを使うというのに、これではいかにも一時しのぎ的ですね。
 外こもりのプロとしての、私のプライドが許しません。

・結合画像の下…というわけで、どうしてもこの左上の部品と交換する、左下の部品が必要です。

 で、アップルストアに行ったのですが、「そんなものだけ、単独で売っているわけないだろうが!ボケ!」(かなり意訳です)と言われるだけで、買えません。
 スンガイ・ワン・プラザでも、不必要な部品がゴチャゴチャ入ったセット販売はありますが、単独では売っていません。

 Low Yat Plazaの、それもかなり上の方の階まで上がって、ようやく単独で売ってくれる部品屋さんがありました。20リンギでした。
 やはり、こういったものは、Low Yat Plazaに買いに行くというのが、正しいKL生活のようです。
 箱も袋も何も無く、この部品だけを裸でポンと渡されたのが、いかにも部品屋さんらしい。

 とまあ苦労のかいあって、この記事の冒頭写真のようにすっきりとコンセントに接続出来るようになり、MacBook AirはやっとKLメイン機にふさわしい姿となりました。

コメント(0) | トラックバック(0)




http://xn--28j0eya1362b.com/tb.php/2
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 ------
<前月 2017年12月 次月>
最近の記事
カテゴリー
アーカイヴ
サイト内検索
muuのツイート
リンク