パンタイ・チェナンについて
四季の旅 - 春はランカウイ

 ランカウイ空港からタクシーで、パンタイ・チェナンを素通りしてパンタイ・テンガーへとやって来ました。
 奇妙に思われた方もいるかもしれません。

 たいていのガイドブックには

「大多数の旅行客が集まる、ここに来れば旅行客に必要なものは何でも揃う、ランカウイで最も代表的なビーチエリアがパンタイ・チェナンである」

と、書かれているからです。

アンダーウォーターワールド前にATM
アンダーウォーターワールド前にATMあり

 今後、このエリアについて書く機会があまりなさそうなので、「なぜ、素通りしたのか?」今回、書いておくことにします。

 一言で言えば、泊まりたい適当なホテルがないからです。

 で、なぜKLにいるの?で、私は

 ランカウイはお金があればあるなりに、なければないなりに、楽しめる

と書きましたが、ランカウイで貧乏旅行者が泊まれるような安宿は、クアとパンタイ・チェナンにだけ集中して存在しています。

 そのうち、クアのほうは、地元のタイ人やマレーシア人が免税島ランカウイに買い物に来て泊まるための宿です。
 ビーチリゾートを求めてやってきた外国人旅行者が泊まったならば、結局毎日タクシーでパンタイ・チェナンまで出てくることになってしまい、意味がありません。

 つまり、貧乏旅行のバックパッカーがランカウイに来たなら、基本的に泊まれる場所はパンタイ・チェナンだけです。
 で、なぜKLにいるの?に書きましたところの、

 もともとは貧乏だった頃に海辺の掘っ立て小屋みたいな安宿で、ボケーッと海を眺めている旅をしていた

という、この「安宿」というのは、もちろんパンタイ・チェナンの宿です。

 そんなわけで、パンタイ・チェナンというのは、バックパッカーにとっては素晴らしく快適で楽しい場所です。
 バックパッカーの中でも、同じ安宿に泊まっている仲間とワイワイやりたいタイプの人にも、私のように1人でボーっとしていたいタイプの人にも、それぞれ適した宿がすぐに見つかります。

 ところが、そんな安宿ではなく、ちゃんと予約をしてスーツケースで宿泊するようなホテルとなると、パンタイ・チェナンは途端に選択肢がほとんどなくなるのです。
 せっかくビーチエリアに宿泊するのですから、私はやっぱりビーチ沿いのホテルでなければ嫌です。
 となると、ホテルの選択肢は、「メリタス・ペランギ・ビーチリゾート(Meritus Pelangi Beach Resort)」か「カサ・デル・マー(Casa Del Mar)」かの2択になってしまうのです。

 まず、メリタス・ペランギ・ビーチリゾートのほうですが、部屋が無意味に広くて古臭すぎます。
 特にバスタブが酷くて、お湯の出も悪い。
 それなりの値段がするホテルで、ここまでバスルームが貧弱なホテルを、私は他には知りません。
 バスタブは洗濯にしか使えませんでした。

 何よりも一番イヤなところは、ベランダに出ると、周囲の部屋でベランダに出ている人全員と顔を合わせることです。
 私のようなコミュ障外こもりには、たまったものではない。
 ベランダの扉を開けると、完全に壁なし状態で部屋が外に繋がる構造はカッコ良いのですが、それで台無しです。

 有料ですが部屋でのインターネットも可能ということだったので、それにはちょっと期待していたのですが、高い上に不便。
 「ネットをしたい」と専用ダイヤルに電話して頼んで、しばらくするとスタッフが、IDとパスワードが書かれたカードを部屋まで持ってくるという、実に面倒くさいシステム。

 そしてそもそも決定的なのが、このホテルはパンタイ・チェナンという便利な場所にあるというメリットが、ほとんど何もないのです。
 中心地から、北に外れすぎているのです。

 メリタス・ペランギ・ビーチリゾートとカサ・デル・マーは、地図などを見ればわかるように、すぐ隣り合っているホテルなのですが、中心地からの距離感は決定的に違います。
 ホテルそのものが北端にある上に、チェナン通りに出る出入口が、ホテルの敷地の北端にあるのです。

 カサ・デル・マーの目の前にコンビニがあるのですが、メリタス・ペランギ・ビーチリゾートに泊まると、蚊取り線香1つ買うだけのために、このカサ・デル・マー前のコンビニまで歩かなければなりません。
 それも、実際に歩いてみるとかなりの距離なのです。
 とてもじゃないが、さらにその先にあるパンタイ・チェナン中心街のレストランなどまで、歩く気にはなれません。

 中心から離れているだけあって、さすがにビーチはパンタイ・チェナンらしからぬ広くて静かで綺麗なビーチですが、貝殻などがゴツゴツしていて、ちょっと裸足で歩いたり泳いだりはしかねます。

Meritus Pelangi Beach Resortのビーチ
Meritus Pelangi Beach Resortのビーチ

 まあ、そんなわけで、私はもう2度とメリタス・ペランギ・ビーチリゾートに泊まることはないでしょう。

 一方、カサ・デル・マーのほうですが、ここはサービス過剰です。

 ちょっとでも外出して戻ると、部屋は綺麗に片付けられて、いろいろとデコレーションされています。
 部屋にいても、なんだかんだとお届け物があったり、宿泊客同士の親睦を深めるパーティーへの御招待とか、ろくに英語も喋れずコミュ障の外こもりには、鬱陶しい。

 メリタス・ペランギほどではありませんが、やっぱり隣の部屋の人とぐらいは、ちょっと庭でくつろいでいると、よく顔を合わせることになります。

 ただ、嫌なところはそれぐらいなもので、そういうことが大して苦にならない人ならば、ここは良いホテルです。
 部屋そのものはとても快適で過ごしやすい。
 何よりもロケーションが良いです。パンタイ・チェナン中心街へ楽に歩いていける距離なので、そぞろ歩きにも食事にも便利です。

 まあ私は、やっぱりここには長居は出来ませんが、いずれ気が向いたら、また3,4泊ぐらいならするかも知れません。

 そんなわけで、たまにはカサ・デル・マーに寄る可能性もあるにはありますが、私の場合、パンタイ・チェナンは素通りで空港からパンタイ・テンガーへ直行というのが、おおむね基本パターンという結論に至ったわけです。

コメント(0) | トラックバック(0)




http://xn--28j0eya1362b.com/tb.php/14
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 --
<前月 2017年08月 次月>
最近の記事
カテゴリー
アーカイヴ
サイト内検索
muuのツイート
リンク